« 第1518回 波乱の主役は | トップページ | 第1520回 スローペースの差し脚 »

2019年9月 3日 (火)

第1519回 2歳戦も本格化

201909010411
201909011011
201908310111
 令和元年、夏競馬最後の重賞・新潟記念は2番人気のユーキャンスマイルが制した。  ユーキャンスマイルは内ラチ沿いの中団後方から。4コーナー、多くの馬たちが外に回し、内が大きく開いた。ユーキャンスマイルの岩田康騎手は、その開いたスペースを突いて一気に加速、先行馬たちをとらえ、最後はジナンボーとの叩きあいも、わずかにクビ差抑え込んで、2つ目の重賞タイトルを手にした。

 これで左回りのコースは3戦3勝。スピード指数も上々のレベルにあり、秋の東京開催のG1、天皇賞秋、ジャパンカップへと期待がふくらむ。

 2着は6番人気のジナンボー。3着は8番人気のカデナ。人気のレイエンダは直線見どころもないまま10着に敗れた。

 小倉2歳Sは3番人気のマイネルグリットが直線、差し切り勝ちを決めた。
 向こう正面では先行集団のすぐ後ろにつけ、4コーナーは3番手の外から。直線の叩きあいも楽々と差し脚を伸ばしての快勝劇。2着馬トリプルエースとの差はわずかにクビ差だったが、着差以上の強さを印象付けた。これでデビューから3戦3勝。とはいえスピード指数のレベルはさほど高くないので、これからの成長が課題になるだろう。

 2着は2番人気のトリプルエース、3着は4番人気のラウダシオン。

 札幌2歳Sは、5番人気のブラックホールが、直線、大外から一気の差し脚を繰り出して快勝した。2着は3番人気のサトノゴールド、3着は2番人気のダーリントンホールだった。

 ブラックホールは好スタートを決めたものの後方3番手にまで下げた。ようやく3、4コーナーの頂点から仕掛け、直線、大外から一気にまくる荒っぽいレースだったが、長くいい脚を使っており、素質は高いのだろう。

 圧倒的な人気となったゴルコンダは後方から。向こう正面から動いて、4コーナーでは2番手にまで上がったが、切れる差し脚は不発のまま。直線の叩きあいに後れを取って6着だった。ゴルコンダの手綱を取ったルメール騎手は「スタートで躓いてトモの蹄鉄がずれた」とコメントしていた。

 先週、土曜日の札幌1レース、芝2000メートルの2歳未勝利戦を勝ったミヤマザクラ(牝)が現2歳世代トップの高指数を示した。直線だけで2着に5馬身差をつけたが、この時期の2歳馬の指数としては出色なレベルだ。

|

« 第1518回 波乱の主役は | トップページ | 第1520回 スローペースの差し脚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1518回 波乱の主役は | トップページ | 第1520回 スローペースの差し脚 »