« 第1600回 最強の1勝馬 | トップページ | 第1602回 波乱の七夕賞 »

2020年7月 7日 (火)

第1601回 逃げ馬に凱歌

202007050311
202007050911
 先週の重賞戦はラジオNIKKEI賞もCBC賞も、内枠から逃げた人気薄の馬が逃げ切り勝ちを収め、波乱の結果になった。

 逃げ馬が多く揃った福島のラジオNIKKEI賞は、最内の1番枠からバビットがスタートを決め、そのまま逃げる体制に持ち込んだ。4コーナーは2番手にパンサラッサ、ルリアン、グレイトオーサーが並ぶ中からパンサラッサが抜け出し、逃げるバビットを追ったが、逃げ馬との差は広がる一方だった。

 結局、バビットが逃げ切って勝ったが、2着パンサラッサに5馬身もの差をつける圧勝だった。中団から差し脚を伸ばし、パンサラッサにハナ差にまで迫ったディープキングが3着だった。

 逃げ切ったバビットの上りタイムがメンバー最速の35秒8では、後続馬たちはなす術がなかっただろう。1番人気のパラスアテナは4着、2番人気のグレイトオーサーは10着に負けた。

 勝ったバビットは8番人気、2着のパンサラッサは7番人気、3着のディープキングは5番人気。3連単は17万を超す高配当になった。

 阪神競馬場のCBC賞は、3番ゲートから飛び出した13番人気のラブカンプーが大逃げを打った。後続に大きな差をつけたまま、直線も危なげなく、2着のアンヴァル(11番人気)に1馬身4分の3の差をつけて、逃げ切り勝ちを決めた。51キロの軽ハンデを生かし切った2年目斎藤新騎手の大金星といえそう。3着は3番人気レッドアンシェル。3連単は244万円を超す高配当だった。

 ラブカンプーが逃げたのは18年9月のセントウルS以来で、その時も2着に好走していたが、これでデビューからの3勝すべてが逃げ切り勝ちとなった。逃げたレースは(3402)と安定しており、逃げて3着以下に負けたのは2度だけ。今後も、逃げられれば好レースが期待できるかもしれない。

 1番人気に推されたのは、高松宮記念で1着入線を果たしながら、走路妨害で4着に降着となったクリノガウディー。ただ、前走のような積極的な先行策が取れず、終始、中団のまっただ中でもまれるレースになった。直線では前が詰まる場面もあったとはいえ、差し脚も不発で、着順を上げることもできず12着に大敗した。やはり58キロのトップハンデが厳しかったのかもしれない。

|

« 第1600回 最強の1勝馬 | トップページ | 第1602回 波乱の七夕賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1600回 最強の1勝馬 | トップページ | 第1602回 波乱の七夕賞 »