2018年11月15日 (木)

第1439回 大混戦

 マイルチャンピオンシップは、過去10年、過去に高い指数のある馬や、平均指数、前走指数の高い馬たちの連対率が高く、連軸の中心は指数上位馬から取りたい。
 1番人気馬は、過去10年で1勝、2着3回、3着2回。信頼が高いとはいえない。

(マイルCS)1着    2着    3着
08年    -     CZc   CXa
09年    AXa   -     外
10年      c   -     -
11年    -     -     A a
12年    A d   DX    -
13年    CXd   D      Zd
14年     Yc   -      X
15年    A b    Xa   B
16年    AZc   -     D d
17年    -     AZ    -

 今年の指数上位は、ペルシアンナイト、アエロリット、ロジクライ、アルアイン、モズアスコット、エアスピネル、ヒーズインラブなど。ランク上位馬の前走指数は、ほとんど差がなく、大混戦だろう。

 マイル戦に加え、有力馬に先行馬が多いだけに、ペースが緩むことはないはず。先行して、直線でもエネルギーが残っているかどうかが勝敗を分けるのだろうか。
 スタミナで評価できるのはアエロリット、アルアインの2頭だろう。

 アエロリットは4歳牝馬。休み明けだった前走、牡馬相手に毎日王冠を鮮やかに逃げ切り勝ち。上りを33秒8にまとめ、直線でも後続馬たちの追撃を許さなかった。33秒2の最速の上りの脚を使ったステルヴィオが2着に上がってきたが、着差は1馬身4分の1の差。完勝だったといえるだろう。

 マイル戦は(1402)と1勝どまりだが、安田記念2着時に見せたしぶとい差し脚なら、マイルにも十分に対応ができるだろう。

 4歳のアルアインは皐月賞馬。皐月賞の後は勝ち星をあげられないでいるが、大阪杯3着、香港QEⅡカップ5着、天皇賞(秋)4着と、レベルの高いG1戦で、しっかりとしたレースができている。

 前走の天皇賞(秋)は2番手から。直線、坂上からの決め手比べに後れをとって4着だったが、内容は悪くなかった。今回は久々のマイル戦になるが、2、3歳時に3戦2勝を上げている距離で、大きな変わり身を見せるかもしれない。

 マイルの素軽いスピードがあるのはモズアスコット、ペルシアンナイト、ジュールポレール、エアスピネル、ロジクライなど。
 なかでも、春のマイルG1安田記念を勝ったモズアスコットの差し脚の鋭さに注目したい。マイル戦は(3100)と距離適性が高く、中団からの差し脚では最上位だ。

 先行力があって差し脚も鋭いのはエアスピネルやロジクライなど。

 軸馬にどの馬をとるか。まだ、迷い続けている。じり脚ながら、期待も込めて、アルアインからの手も考えられる。

 東京スポーツ杯2歳S。
 指数上位は、ニシノデイジー、ナイママ、トーラスジェミニ、アガラス、トーセンギムレットなど。

 中心には、前走、札幌2歳Sを高指数で勝ったニシノデイジーを取りたいところだが、スローペース必至の芝1800メートル戦で、長く使える差し脚は必須条件だとすると、指数上位馬たちも苦しいかもしれない。

 スローペースの差し脚はカテドラル、アドマイヤスコール、ダノンラスター、ハクサンタイヨウなどが上位で、ここは2戦2勝のカテドラルが有力だろう。

(東スポ杯2歳S)
       1着    2着    3着
08年    -     C     -
09年    -     B       c
10年    A a   -     -
11年    D     -     -
12年    B b   -     -
13年     Y    -     -
14年    -     A     -
15年    C     A     -
16年    A     -     D
17年    D     B      Xd
(スローペース調整-20/-10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

第1437回 指数上位の3、4歳馬から

 エリザベス女王杯は、過去10年で3歳馬が4勝、4歳馬も4勝をあげて、合わせて8勝。それに続く5歳馬が2勝している。勝ち馬には若さが求められるようで、6歳馬以上の勝利はない。外国馬を除けば、勝った3歳馬は全て前走指数上位のランク馬だった。

 1番人気は過去10年で1勝、2着4回、3着2回。2番人気馬は1勝、2着2回、3着2回。1、2番人気が合わせて2勝どまりは物足りない。指数上は、前走指数の上位馬の連対率が高い。

(エリザベス女王杯)
       1着    2着    3着
08年    B d    Xa   -
09年    -     -     B
10年    外国馬   CXb   A a
11年    D外    A      Xa
12年    -     -     C
13年    A     -     -
14年    -     A b   -
15年    D     C a   BYb
16年     Zc   -     BXa
17年    B      Z    BXb
(スローペースは-10/0)

 今年は、カンタービレ、ノームコア、リスグラシュー、フロンテアクイーン、コルコバード、スマートレイアー、クロコスミアなどが指数の上位馬たちだ。モズカッチャンも指数上位馬たちと、ほとんど差がない有力馬だ。

 エリザベス女王杯は京都の芝2200メートル戦で、スローペースが基本。長く使える差し脚が問われるレースだ。上りの脚で上位は、リスグラシュー、アドマイヤリード、カンタービレ、フロンテアクイーン、ノームコアなどだが、勝ち馬の多くは4コーナーで6、7番手以内につけていた馬たちが多く、後方一気の差し脚だけでは苦しい。
 中団より前々でレースができ、直線も脚が使える指数上位の3、4歳馬というのが、勝ち馬のイメージだ。

 その勝ち馬の条件を満たすのは、カンタービレ、ノームコア、リスグラシューなどだろう。くしくも3頭とも、外国人騎手たちの騎乗馬になったが、過去10年で、外国人騎手が5勝あげており、ここでもプラス材料になりそうだ。

 3歳馬カンタービレはオークスでは13着に大敗したが、この秋ローズSを勝って、前走の秋華賞は3着に好走した。中団後方から直線、勝ったアーモンドアイを追うように鋭い差し脚を伸ばし、上りタイムはアーモンドアイに0.3秒差に迫る速さだった。強い3歳牝馬世代を代表する1頭だろう。

 ノームコアも3歳馬。前走、スローペース気味の紫苑Sを5番手から差し切って勝ったが、レースレコードを1秒7も塗り替えたうえ、後続に3馬身差をつける完勝だった。秋華賞は見送ったが、秋華賞上位馬とも指数上の差はない。余力も十分で、距離が伸びても対応できるだろう。

 4歳馬リスグラシューはスローペースにも対応でき、安定した差し脚が光る。近走はヴィクトリアマイル2着、安田記念8着、前走、府中牝馬Sも2着と、強敵相手に好走を続けている。2200の距離は少し長い気がするが、底力は最上位だろう。

 負担重量が楽で、前走指数上位の3歳馬2騎、カンタービレ、ノームコアのどちらかが中心になりそうだが、前走の鋭い差し脚が魅力的で、距離も合いそうなノームコアに期待したい。

 武蔵野Sはダートのマイル戦。
 今年はメイショウウタゲ、サンライズノヴァ、グレンツェント、インカンテーション、ウェスタールンド、モルトベーネ、ナムラミラクルなどが指数の上位馬たち。

 ハイペース気味のダート戦で、展開からは、指数上位でダートの差し脚が断然に鋭いサンライズノヴァが中心になるだろう。
 他に、ウェスタールンド、イーグルフェザー、クルーガーなども上りの脚がしっかりとしている。

 前々で粘れるユラノトが面白い存在にみえる。差し脚にかける馬たちが、追っても届かない場面で、前にいるのはユラノトではないか。

(武蔵野S) 1着    2着    3着
08年    D      Xa   -
09年    -      Z    BXa
10年     Y    D c   -
11年     Y    AZb   -
12年    -     D      Za
13年    -     A b   -
14年    B     A      Zc
15年    -      Zb   B c
16年     Yc   -     -
17年    -     -     -
(公営競馬の成績は減戦して集計)

 福島記念は芝2000メートルのハンデ戦。1番人気馬は過去10年で2勝、2着3回、3着1回。連対率は50%。トップハンデ馬は1勝、2着2回のみ。

 今年の指数上位は、エアアンセム、メドウラーク、マイスタイル、マイネルハニー、マルターズアポジー、レトロロック、トミケンスラーヴァ、スティッフェリオなど。

 トップハンデは57.5キロのマルターズアポジー、次いで57キロのエアアンセム、マイネルハニーと続く。

 マルターズアポジー、マイスタイル、マイネルミラノなど逃げ馬がそろって、平均ペースの流れになりそう。中団からの差し脚は必須条件だ。鋭い瞬発力があるレトロロック、マサハヤドリーム、スティッフェリオ、メドウラーク、マイネルハニーなどにチャンスかありそう。

(福島記念) 1着    2着    3着
08年    -     C      Zc
09年    C     -     D
10年    -     A     BXa
11年(新) A a    Ya   -
12年    B b   -     -
13年     Z    AXa     d
14年    -       a    Xa
15年     Zc   BXa   -
16年    B     B     -
17年     Yb     d     a

 デイリー杯2歳Sの前走指数上位馬は、ハッピーアワー、ドナウデルタ、アドマイヤマーズ、ヤマニンマヒア、スズカカナロアなど。

 差し脚は、新馬、オープンを2戦2勝のアドマイヤマーズが最上位だ。7月下旬以来、3か月半ぶりのレースになるが、その分成長も期待できるだろう。

(デイリー杯2歳S)
       1着    2着    3着
08年    B a   CXc   -
09年    A a    Yb   -
10年    -     -      Xb
11年      d   DX    -
12年    -     A c   A b
13年    AXa   -     CYc
14年    DY    C b   BX
15年    A     CYb   BZa
16年     Y    B a   -
17年    -      D     -
(スローペース調整値-20/-10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

第1435回 豪華6重賞

 今年は京都でJBCの3レースが行われることになり、今週は重賞が6レースとにぎやかな開催になった。
 東京のアルゼンチン共和国杯は、1番人気馬が過去10年で3勝をあげ、2番人気馬も3勝、3番人気馬は2勝をあげており、比較的堅実な結果に結びついている。トップハンデ馬は10年間で3勝、2着2回とまずまずだろう。
 指数上は過去の指数が高いXYZ馬や、平均指数上位馬が連軸の中心になっている。

(アルゼンチン共和国杯)
       1着    2着    3着
08年    -     -      Xc
09年    -     B     A
10年      a   C c   A
11年     Yd    Yb   -
12年    -     -     C
13年     Za    Yd     a
14年     Zc    Yb   B
15年     Ya   B     C
16年     Xb   A a     c
17年      b   -     -

 今年の指数の上位は、ノーブルマーズ、パフォーマプロミス、ガンコ、エンジニア、アルバート、ルックトゥワイス、ムイトオブリガード、トウシンモンステラなど。

 例年、天皇賞(春)、阪神大賞典、菊花賞など、長距離で好走してきた馬たちの活躍が多く、スタミナは必須条件だ。

 長距離戦での実績ならアルバートが最上位だ。一昨年のアルゼンチン共和国杯は2着、昨年は4着、ステイヤーズSは3連覇中だ。今年の阪神大賞典では4着、天皇賞(春)は8着だった。休み明けの前走、たたき台の京都大賞典でも3着に好走しており、ステップに不安もないだろう。

 今年は相手も手薄で恵まれたようだし、順当ならアルバートを中心にと思うところだ。しかし、中団より後ろから差し脚に懸ける馬だけに、58.5キロのハンデはどうしても気にかかる。2000年以降、勝ち馬のハンデは58キロが最高で、58.5キロを背負って勝った馬はいない。

 アルバートの重ハンデを嫌うとすると、他では日経賞を勝ったガンコ、宝塚記念3着のノーブルマーズ、2400で3連勝中のムイトオブリガードなどが注目馬として上がってきそうだ。

 ハンデか楽なのは55キロのムイトオブリガードだろう。前走、1600万条件を勝ったばかりの4歳馬だが、4走前には500万勝ちの後、いきなり阪神大賞典に挑戦、先行して8着も、指数は高レベルだった。その内容がその後、2400での3連勝の快進撃につながるわけで、素質は高いはず。早くから長距離の適性を見定めて、チャレンジしてきた陣営の意気をも良しとしたい。

 スローペースで差し脚比べになりがちな京王杯2歳S。
 今年の前走指数上位は、アスターペガサス、カルリーノ、メイショウオニテ、アウィルアウェイなど。

 スローペース気味の1400メートル戦だけに、鋭い差し脚は必須だ。鋭い差し脚ではアウィルアウェイ、ココフィーユの2頭が抜けた存在だが、前走、新潟のダリア賞を快勝して2戦2勝のアウィルアウェイを中心にとった。

(京王杯2歳S)
       1着    2着    3着
08年    -     A a   CY
09年    BXa   C c   -
10年    D b   -     -
11年    CY     Xd   -
12年    -     -     -
13年    -     -     A a
14年    -      Y    BXb
15年    -     -       c
16年      C b   A a    Yc
17年    AZa   AYc   CXb
(スローペースは-20/-10)

 2歳牝馬のファンタジーS。
 今年の前走指数上位は、ジュランビル、ラブミーファイン、レッドベレーザ、ベルスールなど。他に過去の指数で上位のダノンファンタジー、ヴァニラアイスなども有力馬の一角を占める。

 差し脚上位はダノンファンタジーで、ここでは中心になる馬だろう。その鋭い瞬発力からすると、距離が1600から1400に短くなるのは好材料のはず。

(ファンタジーS)
       1着    2着    3着
08年     Z    B c   A a
09年    -      Y    C
10年    A a   -     -
11年     Zd   -     DXc
12年     Xc   -     -
13年    B b    Z    -
14年    -     -     B a
15年    B a   DXc   AYb
16年    -      Yd   CY
17年    -     DZ    A
(スローペース調整値-20/-10)

 JBCクラシックはスタミナの問われるダート中距離戦。サンライズソア、クリソライトに注目したい。

 JBCスプリントは快速馬マテラスカイから。2走前の指数は過去1年、ダート界でナンバー2の高指数だった。

 JBCレティスクラシックは、近走好調なラビットラン、プリンシアコメータなどが有力だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

第1433回 長く使える差し脚で

 秋の天皇賞は、東京の2000メートルが舞台。この10年間、1番人気は5勝、2着2回、3着2回。勝率50%、連対率は70%と信頼性が高い。他に、5番人気馬が4勝、7番人気が1勝をあげ、2、3、4番人気馬は2、3着まで。10年間で合わせて9勝をあげている4、5歳馬が馬券の中心だ。

 過去10年、指数上は前走指数と平均指数の上位馬が7勝をあげている。ランク外の馬は3頭が勝利しているが、いずれも前走、重賞で1、2着だった馬たち。指数ランク外の馬の場合は、前走、重賞で上位に好走していなければならない。

(天皇賞・秋)1着    2着    3着
08年    B b   C     -
09年    C     CZ    C
10年    BYb   -       c
11年    -      Zb   -
12年      d   B     A c
13年    -     B      Zb
14年    D      Zc   AZ
15年    -     -     -
16年     Xa    Z     Zd
17年     Xa   A     -
(海外レースは減戦して集計)

 今年は、ミッキーロケット、キセキ、スワーヴリチャード、ヴィブロス、ダンビュライト、ステファノス、アルアインなどが指数の上位馬たちだ。

 秋の天皇賞は過去10年、前走、毎日王冠組が5勝、宝塚記念組と札幌記念組が2勝、京都大賞典組が1勝をあげて、中心勢力を構成している。
 今年の毎日王冠は4歳牝馬のアエロリットが逃げ切り勝ちを収めた。中団から伸びた3歳馬ステルヴィオが1馬身4分の1の差で2着。3着に2番手で先行したキセキが入り、3番手のステファノスが4着に粘った。スローペースの流れで、先行馬に向く展開も、キセキ、ステファノスの内容は悪くなかっただろう。

 ただ、今年は逃げ馬不在の天皇賞(秋)とはいえ、スローペースになるとは思えず、もう少しスタミナのある先行馬に向く流れになるのではないか。
 その点から、前走、自己ベストの高指数で宝塚記念を快勝したミッキーロケットに注目したい。宝塚記念では内ラチ沿いの7番手で流れにのった。3コーナーからロングスパートを仕掛け、4コーナーでは2番手にまで押し上げ、直線に入ると早々に先頭に立った。直線、1番人気のサトノダイヤモンドとの叩き合いを制して、さらに差を広げ、香港のワーザーの追い込をも退けて、初のG1のタイトルを手にした。

 今年の春の天皇賞でも長くいい脚を使って4着に好走しており、ロングスパートが同馬の最大の強みだろう。宝塚記念の勝利はミッキーロケットの本格化を示すレースだったといってよいだろう。

 スローペースとみるや後方から果敢に動いて大阪杯を押し切り勝ち、前走の安田記念でも3着のスワーヴリチャードや、前走オールカマーを完勝した昨年のダービー馬レイデオロにもチャンスがあるだろう。
  他では牝馬のヴィブロスにも注目したい。

 京都の重賞は芝1400メートル戦のスワンS。
 今年の指数上位馬は、モズアスコット、ロードクエスト、レーヌミノル、グァンチャーレ、ヒルノデイバロー、サフランハートなど。

 指数上は前走、G1安田記念を勝ったモズアスコットが1頭だけ抜けた存在だ。デビューからここまで、マイルまでの距離では(5301)と安定しており、課題があるとすると、1頭だけ背負う58キロの重量だけ。それも大きな障害とも思えない。後方からの差し脚も鋭く、不動の中心馬だろう。

(スワンS) 1着    2着    3着
08年    BY    A d   -
09年      b   -      Zd
10年     X      c   -
11年      d    Y    -
12年    DXa   -     -
13年    -     D      Xc
14年    -       d   BXa
15年    D     AXa   - 
16年     Y    B     DZc
17年    -     -     B

 アルテミスSは2歳牝馬の重賞。
 指数上位は、エールヴォア、レディードリー、アフランシール、シェーングランツ、ライデンシャフト、キタイ、ウインゼノビア、グレイシアなど。

 エールヴォアの前走指数は現2歳世代牝馬の最高指数であり、その指数と差のないレディードリーなどが中心になるべきレースだろう。ただスローペース必至で、スローの流れに対応できるかどうか。スローペースで長くいい脚を使えるのは。ビーチサンバ、グレイシア、ミディオーサなどで、逆転があるかもしれない。

(アルテミスS)
       1着    2着    3着
12年    -     -     -
13年    BZb   -     B
14年    -     Db    AZb
15年    -     -       d
16年    A a   -     -
17年    -     A c    Zb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月11日 (木)

第1429回 アーモンドアイ3冠へ

 JBCも含めて、今週から年末まで12週連続G1が続く。競馬は本番シーズンだ。今週は3歳牝馬に残された最後の1冠、秋華賞がメイン。 

 指数上は、過去10年のうち9年で連対する平均指数の上位馬が連軸の中心。勝ち馬に限れば、過去10年間で、ランク外の馬が勝ったのは1度だけで、全体としても指数上位馬の活躍が目立つ。
 1番人気は3勝、2着1回、3着2回と微妙な成績だが、2、3番人気馬も含めると、上位人気馬が過去10年で9勝をあげて、連軸は指数上位の人気馬から取るのがセオリーのようだ。

(秋華賞)  1着    2着    3着
08年     Y    A a   -
09年    AYa   A a    Xc
10年     Yc   -     -
11年    C d    Y     Yb
12年     Xa    Yc   -
13年    DXd     d   -
14年    -     CZ    D
15年    BYb     d   -
16年      c     d   B
17年      d   D d    Zb
(スローペース調整値-15/-5)

 今年は、アーモンドアイ、ラッキーライラック、ミッキーチャーム、プリモシーン、パイオニアバイオ、トーセンブレス、スカーレットカラーなどが指数の上位馬たちだ。

 不動の中心馬は、桜花賞、オークスを勝った2冠馬アーモンドアイだ。桜花賞は後方2番手から直線一気の差し切り勝ち。圧倒的な1番人気に推されたオークスでは中団6番手から、直線半ばで先頭に立つと、危なげなく押し切って2冠を達成した。

 桜花賞、オークスとも、その時点での世代トップの高指数を記録。10月の現時点でも、オークスでの指数が世代の最高指数にランクされ、同世代牝馬との戦いでは敵なしといってよい。

 アーモンドアイの持ち味は鋭い差し脚。デビューから桜花賞、オークスまでの5戦すべてで最速の上りを示している。

 課題があるとしたら、オークスからの休み明けになるローテーションだが、馬なりで坂路の1番時計をたたき出しているようで、調教の動きも抜群によく、とくに課題とするまでもないだろう。
 ここは史上5頭目の3冠牝馬の誕生を祝福する舞台になるだろう。

 相手は阪神JFの勝ち馬で、桜花賞2着、オークス3着のラッキーライラックを筆頭に、前走関屋記念を勝ったプリモシーン、前走1000万条件戦を好指数で勝ち上がってきた3連勝中のミッキーチャーム、紫苑Sを逃げて3着に粘ったランドネなどを上位に取りたい。

 府中牝馬Sは、過去10年、1番人気は0勝、2着4回、3着2回と、信頼はイマイチだ。指数上は、過去10年で8連対している前走指数上位馬が連軸向き。
 今年の指数上位は、ティアドラ、ソウルスターリング、フロンテアクイーン、リスグラシュー、カワキタエンカなど。

 なかでも、前走、好指数でクイーンSを勝ったディアドラに注目したい。
 4歳馬のティアドラは、桜花賞、オークスでは6着、4着だったが、昨年の秋華賞では後方待機昨から、直線、内にいれ、馬群を縫うように差し脚を伸ばし最後の1冠を手に入れた。

 前走のクイーンSも後方一気の差し切り勝ち。3歳秋以降、着実に力をつけてきたのがわかる。1800メートルは2戦2勝。ルメール騎手騎乗も2戦2勝と好相性だ。

 逆転候補は、阪神JF、チューリップ賞、オークスの勝ち馬ソウルスターリング。オークス後は勝ち星から見放されているが、前走、クイーンSではティアドラに差し切られたとはいえ、復調を感じさせる3着だった。

 素軽いスピードがあり、差し脚鋭いリスグラシューにもチャンスがあるだろう。

(府中牝馬S)1着    2着    3着
08年    -     AXa   -
09年    -     -     -
10年    -     B     -
11年      d   CZc   -
12年      d   B     AZb
13年     Z      d   B
14年    D c   B d    X
15年    -     D      Z
16年    CXa   AZb   C b
17年    BXb   -       b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

第1427回 牝馬に期待

 今週から東京、京都に舞台が移り、秋競馬も本番を迎える。
 東京のメインはG2毎日王冠。過去10年、1番人気馬は4勝、2着2回。6連対ならまずまずだろう。指数上は前走指数や平均指数の上位馬たちの連対率が高い。
 休み明けの馬が多いだけに、調子の見極めもポイントになりそう。

(毎日王冠) 1着    2着    3着
08年     Zc   A      Xa
09年    B       d   -
10年      d   D     CXc
11年     Xc   C     D
12年    -     -     D
13年     Xa   -     -
14年    A c   -     C
15年    DZ    CZ      c
16年    D      X    -
17年    -     B d   A a

 今年はアエロリット、ステファノス、サウンズオブアース、キセキ、サンマルティン、ダイワキャグニーなどが指数の上位馬たちだ。

 注目は、4歳牝馬のアエロリット。昨年、牡馬相手のNHKマイルCを、直線、2番から堂々の差し切り勝ちで、G1タイトルホルダーとなった。その後クイーンSも逃げ切って快勝。今年に入って、中山記念2着、ヴィクトリアマイル4着、安田記念2着と好走。牝馬、牡馬の一線級の馬たちと戦って、安定した成績をあげている。

 とりわけ、前走の安田記念は3番手からゴール手前200メートル地点で先頭に立ち、押し切る勢いを見せていたが、ゴール直前、後方一気の脚を使ったモズアスコットにクビ差差し切られ、惜しい2着だった。

 陣営によると、ヴィクトリアマイルも安田記も落鉄して走ったとのこと。それでいて、勝ち負けを争えたわけで、成長と能力の高さを感じさせるレースだった。安定した先行力があり、ペースに左右されない差し脚も魅力だ。

 他ではサトノアーサー、キセキ、ステファノス、ダイワキャグニー、サンマルティンなどにもチャンスはありそう。皐月賞、ダービーは苦杯をなめたが、1800メートルで2戦2勝の3歳馬ステルヴィオからの手もある。

 京都大賞典は、過去10年、1番人気は3勝、2着1回、3着2回。
 指数上は平均指数の上位馬が10年連続で連対している。
 今年は、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、スマートレイアー、パフォーマプロミス、アルバート、ウインテンダネスなどが指数の上位馬だ。

 順当なら、実績上位で昨年のジャパンカップ馬、シュヴァルグランが中心になるところだ。2400は(4120)とベストの距離で、前走、天皇賞の3200よりはるかに合う。差し脚に素軽いスビートもあり、京都の開幕週は絶好の舞台だろう。ただ、スローペースの差し脚比べになると、少し分が悪いかもしれない。

 差し脚上位はサトノダイヤモンド、ケントオー、プレスジャーニー、レッドジェノヴァ、スマートレイアーなどだが、先行して長く良い脚を使えるレッドジェノヴァにもチャンスはありそうだ。

 レッドジェノヴァは1000万、1600万条件戦を連勝中。ここは重賞初挑戦で、敷居が高いが、牝馬の軽量を生かして流れに乗れば、直線の粘り込みもあるのではないか。

 ハイペース気味の流れなら、アルバートのスタミナが生きるだろう。

(京都大賞典)1着    2着    3着
08年    -     B b   DYa
09年    -     A c   -
10年    B     AXa   -
11年    AXa   C      Zb
12年      a    Z    B a
13年      b   -      Yc
14年    BZc     a    X
15年    CZc   AXa    Yc
16年    CXb   AZc   DZa
17年    -     BYa   DXb

 2歳重賞サウジアラビアロイヤルCの前走指数上位馬は、グランアレグリア、ドラウプニル、ドゴール、シャドウエンペラーなど。

 ここは、1戦1勝、前走指数最上位の牝馬グランアレグリアが断然の中心になりそう。6月上旬の新馬戦は東京のマイル戦だったが、先行して直線早めに先頭に立ち、そのまま押し切る強い内容で快勝。直線では鋭い瞬発力もみせた。

 新馬戦のスピード指数は、同世代の牡馬も含めて、6月デビュー組の最高となる64の好指数。ここは新馬戦から4か月ぶりのゆったりとしたローテーションで、成長余力も大きいはず。将来性も高い牝馬だろう。

(サウジアラビアRC)
       1着    2着    3着
14年    A c   -     CYa
15年    B a   -     -
16年     Z    -     B
17年    -     A     -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月27日 (木)

第1425回 ファインニードル中心

 今週のメインは、秋のG1第一弾中山のスプリンターズS。
 中山で開催された過去9年、前走指数の高いA、B、C馬が、毎年、連軸の中心になっており、近走の好調さが問われるレースだ。1番人気は過去10年で4勝、2着1回。1番人気が連対できなかった5年間も、2、3番人気馬が連対しており、人気面からみると、1、2、3番人気から中心馬を取るのが賢い選択だろう。過去10年、牝馬は4勝をあげ、6年で連対している。

(スプリンターズS)
       1着    2着    3着
08年    A a   CXc   B
09年     X    BXb   C
10年    外     CYa   -
11年    A     A     -
12年    DZd   C d   -
13年    BXa   CZ    -
14年(新潟)  d   -     -
15年    AZ      a   -
16年    B     BZb   -
17年    A a   -     -
(公営、海外での成績は除いて集計)

 今年は、セイウンコウセイ、ワンスインナムーン、ナックビーナス、ファインニードルなどが前走指数の上位馬。キャンベルジュニア、ムーンクエイク、ヒルノデイバロー、アレスバローズ、ダイメイプリンセス、ラインスピリットなどが過去の指数や平均指数で上位の馬たちだ。

 前走指数上位馬のなかで、ファインニードルが実績でも最上位だ。
 ファインニードルは今年、国内の1200メートルの重賞を3連勝中だ。春はG1高松宮記念を中団から鋭い瞬発力で差し切り勝ち。続く香港のG1チェアマンズ・スプリント・プライズでは4着だったが、休み明けの前走、セントウルSは、ただ1頭58キロを背負いながらも、中団から難なく差し切って快勝した。

 昨年のスプリンターズSは直線、脚が上がって12着だったが、今年に入って大きく成長しているのは明らかだろう。芝1200メートルは(8207)、川田騎手とは(3011)。

 相手は5歳牝馬のナックビーナスを最上位に取りたい。高松宮記念は直線ファインニードルと馬体を合わせて駆け上がり差のない3着に好走して、前走はモレイラ騎手を背にキーンランドCを自己ベスト指数で逃げ切り勝ち。まだ、伸びしろがあることを示した。

 他では、鋭い瞬発力で重賞を連勝中のアレスバローズ、前走、高指数で函館スプリントSを勝ったセイウンコウセイ、1200戦で新境地を開きたいキャンベルジュニア、素軽いスピードがある5歳牝馬ワンスインナムーン、忘れたころにやってくるレッツゴードンキなどに注目したい。

 シリウスSはダート2000メートルのハンデ戦。07年からこの距離になったが、まだトップハンデ馬が勝ったことがない。1番人気は3勝、2着2回、3着1回と信頼感はやや微妙。指数上は平均指数の上位馬や前走指数上位馬の連対率が高いものの、ハンデ戦らしく、勝ち馬はランク外の馬も目につく。

 今年は、ラインルーフ、ヨシオ、ミキノトランペット、ヒラボクラターシュ、グレイトパール、ナムラアラシ、クインズサターン、リーゼントロックなどが指数の上位馬たち。苦戦の続くトップハンデ馬は、57.5キロを背負うグレイトパール、サンライズソアの2頭。

 期待しているのは前走指数最上位の6歳馬ラインルーフ。まだ重賞戦の勝利はないが、ダートは(6216)と安定している。

 前走、オープンの名鉄杯は、逃げたコパノチャーリーの離れた2番手につけ、直線一気に差を詰めて、8馬身の差で大勝した。指数の高さもさることながら、上りの脚もシッカリとしており、距離延長も問題はないだろう。阪神ダートは3戦3勝と得意コースだ。

(シリウスS)1着    2着    3着
08年    -      Xa   -
09年    B      Zb   -
10年     Z    B d   -
11年    -     DXa    Yb
12年    -     CXa   C
13年    B     BYb    Za
14年    A b   BXa   -
15年    -     A d   BXa
16年    DX    D c     d
17年    B d   B      Yb
(公営、海外での成績は除いて集計)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

第1423回 ダービー馬2騎

 菊花賞トライアル神戸新聞杯が今週のメイン。
 1番人気馬は7勝、2着2回、連対率90%と圧倒的な連対率を示している。なかでも前走ダービー出走組が強く、ダービー5着以内の馬が過去10年で8勝をあげ、2着まで広げると100%の連対率を誇る。
 指数上も、過去10年、指数上位馬が上位を占め、ここでも圧倒的に強い傾向が続いている。

(神戸新聞杯)1着     2着    3着
08年    AXa    CYa   D
09年     A d    C      Zc
10年     Xa     Xb   A
11年    BX     C     D c
12年    AXa    -     C c
13年    BXa    -     -
14年    BXa    D     -
15年    -      AXa    Yb
16年    AXa    -     C
17年     Y     A d   -
(スローペース調整値-10/0)

 今年の指数上位馬は、ワグネリアン、エポカドーロ、エタリオウ、アドマイヤアルバ、ステイフーリッシュ、メイショウテッコン、ゴーフォザサミットなど。

 ダービー上位馬は、1着ワグネリアン、2着エポカドーロ、4着エタリオウなどで、過去の傾向から、連軸候補はこの3頭といえそう。

 今年のダービーは、スタートを決めた皐月賞馬エポカドーロが逃げた。ワグネリアンは外枠から積極的に5、6番手に進出。流れが落ち着き、直線でもエポカドーロが先頭。残り200メートル地点でもまだ粘っていたが、残り100メートル、必死に追い続けたワグネリアンがついにエポカドーロをとらえると、勢いのままゴールに飛び込んでいった。

 エポカドーロが2着に粘り、3着は2番手で先行した人気薄のコズミックフォース。差のない4着にはアドマイヤアルバに次ぐ33秒5の速い上りで、後方から脚を伸ばしたエタリオウが入った。

 スローペースのため、上位3着まで先行馬たちが占めた結果からも、ワグネリアンの勝因は、福永騎手の積極的な先行策だったといえるのではないか。ここでは当然、ダービー馬ワグネリアンが最有力候補に上がってくるが、福永騎手のアクシデントで乗り代わりになるのは正直、気になるところ。

 ダービーで最も厳しいレースをしていたのは、逃げて2着に粘った皐月賞馬エポカドーロだろう。ゴール手前でワグネリアンに交わされても、ずるずる下がることなく、必死に追って2着を死守した。ここは逃げないで控えることもありそうだが、底力は上位で、中心に推せるのではないか。

 他では、エタリオウ、ステイフーリッシュ、アドマイヤアルバの差し脚に注目。先行力のあるメイショウテッコンも要注意だろう。

 オールカマーは、過去10年、1番人気が3勝、2着4回、3着1回と好成績をあげている。加えて2番人気馬も2勝、3番人気も2勝をあげ、総じて人気上位馬が強いレースだ。前走は、宝塚記念や天皇賞などのG1戦や、札幌記念なとのG2戦に出走していた馬たちが好走する傾向も見える。

 今年は、ダンビュライト、アルアイン、レイデオロ、ミライヘノツバサ、ゴールドアクター、ガンコなどが指数の上位馬だ。

 中心は指数上位の4歳馬、ダンビュライト、アルアイン、レイデオロの3頭だろう。とりわけ、ダービー馬レイデオロが実績でも最上位だ。ダービー勝利の後は、神戸新聞杯を勝ち、ジャパンカップで堂々の2着、京都記念は3着、ドバイのシーマクラシックも4着に好走。古馬の一線級と戦って、好走を続けている。ここはスローペースにはなりにくいメンバー構成で、中団からの鋭い差し脚が決め手になるのではないか。

(オールカマー)
       1着    2着    3着
08年    AYb   C d   -
09年      Z    BXa   CYc
10年    AYb   BXa   C
11年    AXa    Yb   D
12年    -     -     C
13年    -     -     D b
14年(新潟)-     -      Xb
15年      c     c   CZ
16年    B a    Yb   -
17年    -     BXb   CYd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

第1421回 最後の1冠へ

 今週は3日間開催。残された1冠を目指す3歳馬たちの戦いがメイン。
 中山のセントライト記念は、3着馬までに菊花賞の優先出走権が与えられる。
 過去10年の連対馬は、前走指数の高いABCD馬と、XY馬など過去指数の上位馬が中心になっている。1番人気は、過去10年で3勝、2着2回、3着1回。

(セントライト記念)
       1着    2着    3着
08年      d   AYa   BXb
09年     Xa   A c   -
10年    C     -     CYc
11年      c   -      X
12年    AXa   -     -
13年    -     DX     X
14年(新潟)BXa   CYd   C
15年     Xc   DYd   -
16年    AXa   -     C c
17年    -      Xd   C
(スローペース調整値-10/0)

 今年の指数上位馬は、コズミックフォース、レイエンダ、タニノフランケル、ダブルフラット、ブレステイキング、ケイティクレバー、ギベオンなど。

 過去10年、前走、ダービー組が6勝を上げており、その点からすると、ダービー3着のコズミックフォースを筆頭に、14着のグレイル、15着のオウケンムーン、16着のジェネラーレウーノが該当、有力馬に浮上してくる。

 とりわけ、ダービー3着のコズミックフォースが指数も最上位で、中心になるべき馬だろう。ダービーは16番人気の低評価で、3連単285万円超の高配当の立役者になったが、スローペース気味の流れをみて、積極的に先行した石橋騎手の好判断、好騎乗が功を奏したのではないか。

 ゴール前では勝ったワグネリアン、2着の皐月賞馬エポカドーロと熾烈なたたき合いになり、最後までダービー馬、皐月賞馬と差のないレースができた。その内容からして、ダービー3着がフロックとは思えないし、ここでは実績も指数も最上位のはず。素直に中心にとりたい。

 相手は3戦3勝のレイエンダに、先行力のあるダブルフラット、ケイティクレバー、タニノフランケル、ジェネラーレウーノなど。

 阪神のローズSは3着馬までに秋華賞の優先出走権が与えられる。
 過去10年、1番人気は4勝、2着2回、3着1回と、比較的堅実。前走、オークス出走組が8勝をあげており、春のG1戦での成績が生きるレースだ。指数上は前走指数上位のA、B、C馬が過去10年で8連対と好調。連軸の中心を担っている。

 今年は、サトノワルキューレ、トーセンブレス、スカーレットカラー、オールフォーラヴ、ウスベニノキミなどが指数の上位馬たちだ。上記の指数上位馬の中で、オークスに出走していたのは、サトノワルキューレ、オールフォーラヴ、ウスベニノキミなど。

 順当ならオークス6着で、ここでは最先着を果たしたサトノワルキューレが有力馬に上がってくるだろう。オークスを勝ったアーモンドアイには大きく差をつけられたが、内容はさほど悪くなかったはず。

 ただ、ここはペースが遅くなりそうで、スローペースの差し脚勝負になると少し分が悪いかもしれない。波乱の目がないわけでもないだろう。

 要注意はスローペースの差し脚で浮上してきそうなウラヌスチャーム、スカーレットカラー、レッドランディーニ、サラキアなど。

(ローズS) 1着    2着    3着
08年    -     -     BXd
09年    -     CX      c
10年    -     A b    Yb
11年    BYa   -     A d
12年    AXa   BYb   D
13年    C b   -     -
14年    A     -     -
15年    B     AX    -
16年    AX    -     -
17年    -     -     CYc
(スローペース調整値-15/-5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 6日 (木)

第1419回 後方一気で

 今週からいよいよ秋競馬が始まる。中山の開幕週は京成杯オータムハンデ。
 1番人気馬は直近の2年で連勝しているものの、過去10年でみると、他の年は3着もない。波乱の多いレースだ。
 指数上もランク馬が8勝をあげているが、ハンデ戦らしくというか、傾向はつかみどころがない。

(京成杯オータムハンデ)
       1着    2着    3着
08年    B     -     D d
09年    -     A      Z
10年    A     -     A d
11年    -     -     D a
12年      d   DY    A c
13年    A b   AXa   -
14年(新潟)AXa   A     -
15年     Z    -     -
16年     Xa   -     -
17年      b     d   A

 今年は、ワントゥワン、ストーミーシー、ヤングマンパワー、ロジクライ、ヒーズインラブ、ウインガニオン、ロードクエストなどが指数の上位馬たちだ。

 トップハンデ馬は57キロのヤングマンパワーとウインガニオン。57キロなら大きなハンデとは思えないが、トップハンデ馬は過去10年間、勝利がないという苦戦のデータからは狙いにくい。

 マイル戦だけに、スローペースは考えにくく、差し馬に流れが向くのではないか。長く使える差し脚なら、ワントゥワン、ロードクエスト、ショウナンアンセム、ストーミーシーなどが上位で、なかでもマイル戦での安定した差し脚が光るワントゥワンに期待したいと思っている。

 ワントゥワンは5歳牝馬。前走は平均ペースの関屋記念を最後方から2着にまで追い込んだ。上りの脚は1頭だけ抜けた速さで、指数のレベルも自己ベストを記録して上々の内容だった。ここはハンデも53キロと恵量。自慢の差し脚に懸けたい。

 平均ペースでスタミナを発揮できるロジクライ、ミッキーグローリーなどを逆転候補に推したい。

 阪神のセントウルSは芝1200メートル戦。1番人気は(2512)と、連対率はまずまず。短距離戦だけに、前走指数上位馬が連軸の中心になっている。

 今年は、ファインニードル、コウエイタケル、ダイアナヘイロー、ラブカンプー、ラインスピリット、アドマイヤゴッド、ネロ、フミノムーンなどが指数の上位馬だ。

 指数上位で、実績でも上位のファインニードルが最有力だろう。2走前にG1高松宮記念を制して、前走は香港の1200メートルのG1戦で4着。ここまで1200メートル戦は(7207)だが、1200の重賞は、高松宮記念以外にも昨年のセントウルS、今年のシルクロードSを勝っており、合わせ3勝。いまや短距離界の第一人者だ。阪神の芝も(3104)と得意コース。1頭だけ58キロの重量を背負うのは楽ではないが、基本的に先行して押し切るレースが持ち味。十分にこなしうる重量だろう。 

(セントウルS)
       1着    2着    3着
08年    -       c   -
09年    -     CXa   -
10年    -     外     C
11年    A     外     D a
12年    D      Yc   -
13年    BXc   AXa    Zb
14年    B      Xa   B d
15年    -     CXb   -
16年    CXa   -     -
17年     Yb   B     A
(海外の成績は減戦して集計)

 秋華賞トライアルレースの紫苑Sは、2016年から重賞に格上げされた。
 今年の指数上位は、マウレア、パイオニアバイオ、ロサグラウカ、ランドネ、ハーレムライン、クイーングラス、アヴィオールなど。

 前走、オークス組の指数が高く、連軸の中心になりそうだ。
 なかでもオークスで5着に好走したマウレアが最有力だろう。

 マウレアは、デビューからこれまで(2113)の成績。阪神JF3着、チューリップ賞2着、桜花賞5着、オークスも5着に好走している。重賞戦では勝ち星はないが、3歳牝馬の1線級が目指す王道路線で戦って、この成績なら上々といえるだろう。

 オークスでは中団から。直線、勝ったアーモンドアイには突き放されたが、他の上位馬たちとは差のない差し脚を見せての5着は、評価が高いはず。

 ここは久々のレースになるが、3歳牝馬に残された1冠を目指す同馬にとって、前哨戦で負けるわけにはいかない。

(紫苑S)  1着    2着    3着
16年    A     D a   BYa
17年    CXa    Zb   -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サポート情報 | ナビグラフ回顧 | 競馬